会計参与の資格 | 会計参与-1

はじめに

こんにちは、東京都港区税理士法人インテグリティ、公認会計士・税理士の佐藤です。

港区や渋谷、新宿など東京23区のベンチャー企業や起業家様を支援している公認会計士・税理士が会計や税金、節税について解説します。

今回は、会計参与の資格について説明したいと思います。

 

 

会計参与

会計参与は、主として中小企業の計算関係書類の記載の正確さに対する信頼を高めるために、会計に関する専門家である公認会計士または税理士が、取締役と共同して計算関係書類を作成して、その計算関係書類を会社とは別に備置き、開示する職務等を担うものです。

 

 

会計参与の資格

会計参与は、公認会計士(監査法人を含む)または税理士(税理士法人を含む)である必要がります。

 

だだし、以下に該当する者は会計参与となることはできません。

  • その株式会社またはその子会社の取締役、監査役、執行役、支配人その他の使用人
  • 業務の停止の処分を受けて、その停止の期間が経過していない者
  • 税理士法第43条の規定により同法第2条第2項に規定する税理士業務を行うことができない者

上記2、3に該当する者は、会計参与の補助者になることもできません。

 

また、会計監査人である者が会計参与を兼ねることは、会計監査人の欠格事由に該当するため、認められません。

なお、顧問税理士は会計参与になることができます。

 

 

おわりに

港区や渋谷、新宿など東京23区で、会社を退職して起業をお考えの方や起業して日が浅い方がいらしたら、東京都港区にある当税理士法人にお声がけください。会計や節税だけでなく、ビジネスやファイナンスに強い公認会計士・税理士が、あなたの事業が持続的に成長するお手伝いをさせて頂きます。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
税金や節税、起業などについて、皆様のお役に立てる情報があるかもしれませんので、よろしかったら情報の一覧もご覧ください。

東京都港区の税理士法人インテグリティ、公認会計士・税理士の佐藤でした。