所得控除まとめ

はじめに

こんにちは、東京都港区の税理士法人インテグリティ、公認会計士・税理士の佐藤です。

今回は、いろんな所得から差し引かれる金額、所得控除をまとめてみたいと思います。
自分に当てはまる所得控除がある場合は、忘れずに適用して節税してください。

 

所得控除とは

所得控除とは、所得税の金額を計算するときにその人の個人的事情を考慮して所得を減らして税金を安くしましょう、という制度です。

いろいろな所得控除がありますが、それぞれの要件に当てはまる場合には、所得の合計金額から所得控除の合計金額を差し引きます。所得税の金額は、その残りの金額をもとに計算されます。
そのため、所得の合計金額が同じでも、人によって所得税の金額が変わってくるのです。

 

基礎控除とは

それぞれの所得控除は、一定の要件を満たした場合でないと適用できません。

しかし、すべての方に等しく適用することができる所得控除があります。それが基礎控除といわれるものです。
すべての納税者は、基礎控除として所得から38万円を差し引くことができます。

 

所得控除の種類

所得控除(所得から差し引かれる金額)の種類は、下表のとおりです。

所得控除の種類 所得控除を受けるための主な要件 所得控除の主な金額
雑損控除 災害、盗難、横領などにより住宅や家財等に損害を受けた ①と②の大きい方①損害金額-補てん額-合計所得の10%②災害関連支出-5万円
医療費控除 医療費が一定額以上あった 医療費-給付金-10万円
社会保険料控除 国民健康保険や国民年金保険料を支払った、健康保険料や厚生年金保険料が給料から天引きされた 保険料支払額、天引き額の全額
小規模企業共済等掛金控除 小規模企業共済や個人型確定拠出年金の掛金を支払った 掛金支払額の全額
生命保険料控除 生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料を支払った 支払った保険料に応じて最大で生命保険4万、介護医療保険4万、個人年金保険4万円の計12万円
地震保険料控除 地震保険料を支払った 支払った保険料に応じて最大で5万円
寄付金控除 国や地方公共団体など公益的な寄付をした 寄付金額-2,000円
寡婦・寡夫控除 配偶者が亡くなった、配偶者と離婚した 27万円、35万円
勤労学生控除 学生で勤労している 27万円、35万円
障害者控除 自分や家族が障害者である 一人あたり27万円、40万円、75万円
配偶者控除 配偶者の給料が103万円以下である 38万円
配偶者特別控除 自分の所得が1,000万円以下で、配偶者の給料が141万円未満である 3万円~38万円
扶養控除 給料が103万円以下で生計を一にする扶養親族がいる 38万円、48万円、58万円、63万円
基礎控除 すべての方が受けることができる 38万円
東京都港区の税理士法人インテグリティまとめ

 

おわりに

いろんな種類の所得控除がありあすが、適用できるのに忘れている方がけっこういます。税金を余計に払っていることになるので、税理士に相談して節税してくださいね。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
その他の税金や節税、起業などについては情報の一覧をご覧ください。

東京都港区の税理士法人インテグリティ、公認会計士・税理士の佐藤でした。